本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 岩手 > 観音堂

観音堂

                                岩手県キリシタン関連史跡

キリシタンが奉じたマリア像があった観音堂


キリスト教が禁じられていた時代に、焼却を命じられた教会のマリア像が、子安観音と偽りひそかに収められていた場所。

現在は何も残っておらず、私有地と思われる一角に観音堂だけが建っています。

観音堂

観音堂


寿庵ロード沿いに横向きに建てられています。

禁教下でもマリアに対する敬愛が、地元に残っていたからこそ、マリア像が秘匿されたのではないかと思います。

キリシタン禁制の長い期間があったので、今は何も残っておらず、それが当然ではあるのですが、この観音堂の前に立つと、何か訴えかけてくるような感じをうけます。

目に見える物は何もなくても、心や気持ちがどこかに染みて残っているのかもしれません。

観音堂
観音堂
観音堂
観音堂
観音堂
観音堂説明版
寿庵ロード
寿庵ロード

 
 現地への行き方
JR水沢駅から徒歩15分ほどのところにある寿庵ロードの途中、左手にあります。



この地図はおおまかな位置を示すものなので、現地の案内板に従って所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》



                                          NEXT >>