本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 岩手 > 福原

福原

                                岩手県キリシタン関連地

東北キリシタンの代表者後藤寿庵が名づけた町


伊達正宗の家臣で熱心なキリシタンであった後藤寿庵が拓いて治めた地。
「福原」の名は後藤寿庵が名づけたものだとされています。

福原

福原のバス停


後藤寿庵が名づけた名前が、現代まで残っています。

幕府はキリシタンを禁制としたのに、なくならなかったのが不思議です。

おかげで寿庵をしのびながら町歩きをすることができます。

福原

寿庵の里 福原


「寿庵の里 福原」という説明板が立っています。

今では「郷土の偉人でキリシタン・後藤寿庵」を町おこしに使っているようです。

町おこしであれ何であれ、キリストの愛に生きた人を思い出してくれるのはうれしいことです。

福原
寿庵の里 福原
寿庵ロード
寿庵ロード
寿庵ロード
史跡地図
寿庵ロード
地図拡大


 現地への行き方
JR水沢駅から徒歩15分ほどで福原の地名がついた所まで到達できます。キリシタン史跡は主に寿庵ロードに沿って点在しています。



この地図はおおまかな位置を示すものなので、現地の案内板に従って所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》



                                          NEXT >>