本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 岩手 > 架場首塚

架場首塚

                                岩手県キリシタン関連史跡

処刑されたキリシタンの首が晒された場所


架場(ハシバ)首塚は、東北に潜伏したキリシタンの一大拠点だった大籠にある殉教者の埋葬地。

処刑したキリシタンの首をここで晒し首にし、その後その傍らに穴を掘り斬罪の理由書と共に埋められたと伝えられています。

架場首塚

架場首塚


古くは千厩街道といい、現在では県道藤沢大籠線と呼ばれている道沿いにあります。
往来の多いところに晒すことで、見せしめにしました。

少し丘のようになったところにあるので、道からは碑がよく見えません。

ここでの首の晒し方が「架掛け(はしがけ)」だったので、この名前がつけられました。

架場首塚
架場首塚
架場首塚
道の少し上にある
架場首塚
殉教者公園にある架場首塚の説明板
架場首塚
架掛けの様子

 
 現地への行き方
大籠キリシタン殉教公園より県道藤沢大籠線を藤沢方面に向かい、4キロくらい進んだ右手にあります。トキゾー沢刑場から約100メートルほど西に行ったところです。



この地図はおおまかな位置を示すものなので、現地の案内板に従って所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》



                                          NEXT >>