本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 岩手 > 上の袖首塚

上の袖首塚

                                岩手県キリシタン関連史跡

処刑されたキリシタンの遺族の悲しみ


地蔵の辻で処刑されたキリシタンの遺族が、晒された家族の姿を見るに忍びなくて、夜闇にまぎれてその首を盗み、袖の下に隠して持ち帰り埋めたといわれている場所。

上の袖首塚

上の袖首塚


処刑された者の家族は、その後どんな人生を歩まねばならなかったのだろうと考えずにはいられません。

今は大きな碑が建っていますが、当時はひた隠しにしていたのだろうと思います。

宗門改めによって、キリシタンだった者の子孫6代までもチェックされていたことを考えると、キリシタンは根絶やしにするところまで迫害されていたのがわかります。

上の袖首塚
上の袖首塚
上の袖首塚
上の袖首塚
上の袖首塚
上の袖首塚の説明板

 
 現地への行き方
国道346号線より北にほぼ平行に走る県道を、キリシタン殉教公園から離れるように進んで行くと、5分ほどで左側に見えてきます。サムネイルで載せた周辺のキリシタン史跡地図で位置を把握していただければ見つけられると思います。



この地図はおおまかな位置を示すものなので、現地の案内板に従って所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》



                                          NEXT >>