本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 岩手 > 祭畑刑場

祭畑刑場

                                岩手県キリシタン殉教地

岩手県大籠にあるキリシタンの処刑場


17世紀初頭、大籠を中心としたこの一帯には、一説には3万人ほどのキリシタンがいて切支丹王国の様相を呈していたといいますが、幕府のキリシタン禁制が強まるにつれ血に染まる殉教地へと変貌しました。
上野刑場での処刑を逃れて脱走した者を銃殺したのがここだといわれています。

祭畑刑場

祭畑刑場


上野刑場から西に200メートルほどいったところにあります。

ここでは鉄砲を用いて処刑しました。


祭畑刑場

祭畑刑場のお地蔵様


供養のためのお地蔵様が建てられています。

亡くなった人の鎮魂を願う気持ちは、宗門に関係がないということでしょうか。


祭畑刑場
祭畑刑場の様子
祭畑刑場
祭畑刑場の説明板


 現地への行き方
国道346号線から大籠キリシタン殉教公園方向へ曲がり、少し進むと見えてきます。公園入口の前を通る道の、公園とは反対側にあります。



この地図はおおまかな位置を示すものなので、現地の案内板に従って所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》



                                          NEXT >>